歯科医院
歯科医院へのかかり方


歯科医院へのかかり方について教えて下さい。

ほとんどの場合、歯科医院へ行くのはお口に何かの異常や、病気を見つけてからでしょう。でも、はれたり痛くなったりしてから診てもらうよりも、健康を確認するために歯がはえてきたら一度受診した方がいいですね。
診療室では
  • 歯科医の前では来院の理由を簡単に話してください。
  • 歯科医は保護者からようすを聴き、症状を診て、レントゲンなどの検査の結果から診断を行い、治療方針を保護者に説明します。ただし、事故で緊急の処置が必要なときは、診断と説明は簡単にして、まず応急の手あてを先に行うこともあります。
  • 気になることは遠慮なく聞いてください。もしわかりにくいことがあったらその場で聞き返してください。処置や治療は歯科医の説明や考えを納得してもらったうえではじめます。
  • お子さんがこわがっているとき、治療の前に治療の椅子に座る練習からはじめることがあります。
  • 痛みの原因となっている歯がお子さんの訴えでははっきりせず、上下も左右も聞くたびに違うことがよくあります。歯科医は経験と検査から診断しますが、保護者の思いと違うこともあります。

(医歯薬出版 子どもの口と歯のホームケア より)
項目別・50音別で選ぶの目次に戻る
小児歯科
小児歯科


小児歯科ってどんなところですか?

0歳から、大人になるまでの間の、美しくて、よく噛める口(歯)を育成していく診療科です。
主にむし歯の予防、むし歯の治療、歯並びが悪くなる(歯列不正)のを防ぐ、歯並びを治す、外傷の治療、歯ぐきが悪くなる(歯周疾患)のを防ぐ、ことなどをしています。
継続的に管理(健診)を受けられることをおすすめします。

何歳でも、障害をもっていても、すごい怖がりでも、どんな子どもでも、小児歯科では、じょうずに接して治療や予防が可能です 

予防にまさる治療はない、と小児歯科では考えています。

(岡本)
項目別・50音別で選ぶの目次に戻る
むし歯
乳歯のむし歯・永久歯のむし歯

むし歯について教えて下さい。

乳歯も永久歯も萌えて間もない時は、とても質が弱く、虫歯になりやすいものです。永久歯が強く、乳歯が弱いというのは、この時期には、あてはまりません。
乳歯のむし歯と永久歯のむし歯で、大きな違いといえば、乳歯のむし歯は、よほどのことがない限り、少々大きな穴があいても、痛いといわないことです。
よく母親が、「この子、痛いと言わなかったもので」といいながら、子どもさんを連れてきます。見てみると、奥歯に大きな穴があいている。このようなケースは、小児では何もめずらしいことではありません。
痛いという場合、そのほとんどが、歯の間が、むし歯でくずれ、食べかすがつまったときか、ばい菌が神経まで入り込み、歯がくさってきたかどちらかです。
大人の人が感じるむし歯で歯がしみるということは、乳歯ではまずありません。また、萌えて間もない永久歯も同じように穴があいてもしみないことが多々あります。
何か変だと思えば、早目に歯科医に診てもらうことです。

(俵本)
項目別・50音別で選ぶの目次に戻る